Tomoko Nakamura

馬への感謝とともに前へ。

学生時代から高い技術で、常に国内で上位に名を連ねてきた中村公子選手。

しかし、その選手生活は決して順風満帆ではなく、怪我や病気との闘いでした。

それでも、どんな時も馬のそばを離れることはありませんでした。

怪我によって障害を負った後の国際パラ馬場馬術CPEDI***で1位。世界選手権パラドレッサージュで銅メダル。国体でも二連覇と、表彰台に上がってきました。

確かな技術と不屈の精神で、これからも挑戦していきます。

中村公子 プロフィール

1962年

1973年

 

1980年

 

1984年

 

 

2008年

 

 

2009年

 

 

2014年

 

 

2015年

2016年

 

 

2017年

 

 

 

 

2018年

 

 

 

北海道生まれ

七里ヶ浜【鎌倉乗馬クラブ】で

乗馬を始める

【日本大学獣医学部】入学 馬術部入部

※学生競技会で優勝 入賞多数

【日本大学総長賞スポーツ部門賞】受賞

卒業後 乗馬クラブに

インストラクターとして就職

独立し、シュタールジ-ク設立

全日本馬場馬術大会選手権優勝

セントジョ―ジ優勝

シドニーCDI 日本代表

個人8位MVP受賞

他多くの競技会で優勝、入賞

初の国際大会、仁川アジア大会出場

団体銀メダル、個人8位

全日本馬場馬術内国産馬選手権 優勝

全日本馬場馬術大会インターNo1優勝

近畿馬場場馬術大会セントジョージ優勝

全日本馬場馬術内国産馬選手権 優勝

7月   骨折

10月

「愛媛国体馬場馬術競技」 
馬場馬術競技 優勝 71.157%

自由演技 馬場馬術競技 優勝 72.450%             

 障害者馬術G5認定

2月

国際パラ馬場馬術

CPEDI***オランダ大会」

G5個人チャンピオンシップ 4位 67.9%

G5フリースタイル決勝  3位 73.458%

4月

「国際パラ馬場馬術

CPEDI***ベルギー大会」
個人チャンピオンシップG5_1位

  70.690%

フリースタイルG5_1位

  74.800%

9月
「世界選手権パラドレッサージュ」

 アメリカトライオン開催

銅メダル

10月

「福井国体成年女子馬場馬術」

優勝

 

© 2014 - ALL RIGHTS RESERVED -Dream Team TONKO

Stall SIEG

 

MENU

馬への感謝とともに前へ。

 

Tomoko Nakamura

馬への感謝とともに前へ。

北海道生まれ

七里ヶ浜【鎌倉乗馬クラブ】で

乗馬を始める

【日本大学獣医学部】入学 馬術部入部

※学生競技会で優勝 入賞多数

【日本大学総長賞スポーツ部門賞】受賞

卒業後 乗馬クラブに

インストラクターとして就職

独立し、シュタールジ-ク設立

全日本馬場馬術大会選手権優勝

セントジョ―ジ優勝

シドニーCDI 日本代表

個人8位MVP受賞

他多くの競技会で優勝、入賞

初の国際大会、仁川アジア大会出場

団体銀メダル、個人8位

全日本馬場馬術内国産馬選手権 優勝

全日本馬場馬術大会インターNo1優勝

近畿馬場場馬術大会セントジョージ優勝

全日本馬場馬術内国産馬選手権 優勝

7月   骨折

10月

「愛媛国体馬場馬術競技」 
馬場馬術競技 優勝 71.157%

自由演技 馬場馬術競技 優勝  72.450%                            

障害者馬術G5認定

2月

国際パラ馬場馬術 CPEDI***オランダ大会」

 G5個人チャンピオンシップ 4位 67.9%

 G5フリースタイル決勝 3位 73.458%

4月

「国際パラ馬場馬術 CPEDI***ベルギー大会」
個人チャンピオンシップG5 1位 70.690%

フリースタイルG5 1位 74.800%
9月
「世界選手権パラドレッサージュ」

 アメリカトライオン開催

銅メダル

10月

「福井国体成年女子馬場馬術」

優勝

馬への感謝とともに前へ。

1962年

1973年

 

1980年

 

1984年

 

 

2008年

 

 

2009年

 

 

2014年

 

 

2015年

2016年

 

 

2017年

 

 

 

 

 

 

2018年

 

 

 

 

北海道生まれ

七里ヶ浜【鎌倉乗馬クラブ】で

乗馬を始める

【日本大学獣医学部】入学 馬術部入部

※学生競技会で優勝 入賞多数

【日本大学総長賞スポーツ部門賞】受賞

卒業後 乗馬クラブに

インストラクターとして就職

独立し、シュタールジ-ク設立

全日本馬場馬術大会選手権優勝

セントジョ―ジ優勝

シドニーCDI 日本代表

個人8位MVP受賞

他多くの競技会で優勝、入賞

初の国際大会、仁川アジア大会出場

団体銀メダル、個人8位

全日本馬場馬術内国産馬選手権 優勝

全日本馬場馬術大会インターNo1優勝

近畿馬場場馬術大会セントジョージ優勝

全日本馬場馬術内国産馬選手権 優勝

7月   骨折

10月

「愛媛国体馬場馬術競技」

馬場馬術競技 優勝

   71.157%

自由演技 馬場馬術競技  優勝

   72.450%

障害者馬術G5認定

2月

「国際パラ馬場馬術

  CPEDI***オランダ大会」

G5個人チャンピオンシップ 4位

   67.9%

G5フリースタイル決勝 3位

   73.458%

4月

「国際パラ馬場馬術

  CPEDI***ベルギー大会」
個人チャンピオンシップG5 1位

   70.690%

フリースタイルG5 1位

   74.800%

9月
「世界選手権パラドレッサージュ」

 アメリカトライオン開催

銅メダル

10月

「福井国体成年女子馬場馬術」

優勝

Tomoko Nakamura

馬への感謝とともに前へ。

自由演技 馬場馬術競技 優勝             

障害者馬術G5認定