SUPPORT

サポートに感謝いたします

これまでのべ312名の皆様に募金を賜りました。熱く御礼申し上げます。

2016年5月、日本生命「Play,Support」CMに中村選手を起用していただき、

多くの人たちが中村選手を目にしてくださったことは大変励みとなりました。

夢に向かって気持ちも1歩進んだ、と思った翌年、骨折し手術。

 

手術後すぐにリハビリを始め、2018年パラ認定を受けて、ベルギー開催国際パラ馬術大会CPEDI***で1位、世界選手権パラドレサージュでは世界第3位となる銅メダルを獲得しました!

 

パラリンピックへの期待も高まりましたが、残念ながら2019年の審査で認定から外れてしまい、2020年のパラリンピックへの出場はかなわぬこととなりました。

 

しかしこれからも、チームトンコは夢をあきらめずチャレンジし続ける中村公子選手を見守り、

馬場馬術という競技を多くの皆様に知っていただけるよう活動を続けてまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

中村公子支援プロジェクト

 TeamTONKO 代表 荘司淑子

 

© 2014 - ALL RIGHTS RESERVED -Dream Team TONKO

Stall SIEG

 

これまでのべ312名の皆様に

募金を賜りました。

熱く御礼申し上げます。

これまでのべ312名の皆様に

募金を賜りました。

熱く御礼申し上げます。

SUPPORT

これまでのべ312名の皆様に

募金を賜りました。

熱く御礼申し上げます。

2016年5月より、日本生命「Play,Support」のCMに中村選手を起用していただき、ひたむきに夢に向かう姿が美しい映像として放送されています。

多くの人たちが中村選手を目にしてくださったことが励みとなり、本人はもとより中村選手を応援するTeamTONKOもたいへん勇気づけられました。

この様な機会をいただけたのは、ここまで支えてくださった皆様のおかげと感謝しております。

オリンピックという大きな舞台に出るためには、選手の実力はもちろん、馬場馬術競技でオリンピック出場レベルに達するためには能力の高い馬をパートナーにする必要がありますが、そのためには高額な費用が必要です。

現在、ほとんどの選手にはスポンサーが付き、海外を拠点にオリンピックを目指していると聞きます。

そんな中、広く支援を募ることで資金調達をしてオリンピックを目指す選手は、中村公子選手が初めてです。

54歳という年齢でのチャレンジということでも非常に珍しく、人一倍の努力が必要であることは承知しております。

しかし、夢をあきらめず大きな夢に挑む中村公子選手にこれからも、皆様のご声援、ご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

 

中村公子支援プロジェクト TeamTONKO 代表

荘司 淑子

これまでのべ312名の皆様に

募金を賜りました。

熱く御礼申し上げます。

これまでのべ312名の皆様に

募金を賜りました。

熱く御礼申し上げます。